世田谷区 三軒茶屋 神経内科 在宅診療 予防接種 生活習慣病 物忘れ 頭痛 めまい しびれ ふるえ 睡眠時無呼吸症候群 花粉症

世田谷区 三軒茶屋 神経内科の神津内科クリニック

TEL:03-5481-4114

スギ花粉症の治療について

1)鼻用スプレー(リボスチン、フルナーゼ、アルデシンAQネザール、リノコートパウダースプレー、エリザス点鼻粉末、アラミスト)

症状がなくても、スギ花粉の季節の間は止めずに続けてください。症状が軽い時には、朝1回でも構いません。

2)抗アレルギー点眼薬(パタノール、リボスチン、ザジテン、ゼペリン、リザベン)

1回1~2滴、1日4回点眼しますが、症状のひどい時には、さらに増やしても結構です。少ししみることがありますが大丈夫です。封を開けたら、1ヶ月以内に使用してください。

3)抗アレルギー内服薬

眠気の少ないもの:1日1回のもの

  • クラリチン(10)
  • デザレックス(5)
  • エバステル(10)
  • アレジオン(20、10)
  • ビラノア(20-f)

眠気の少ないもの:1日2回のもの

  • タリオン(10)
  • アレロック(5)
  • アレグラ(60)
  • ディレグラ(f)

眠気の出るもの

  • ザジテン Cap(1)
  • セルテクト(30)
  • ザイザル(5)
  • レミカット Cap(1、2)

眠気のないもの:漢方薬

  • 小清竜湯
  • オノン Cap

これらの薬剤の効果は、飲み始めて2週間たたないと確実に発揮できません。したがって、花粉に触れる以前から服用し始めることが大切です。そして少なくとも4月末頃まで服用を続けて下さい。眠気の出るものを服用している時には、車の運転はしないで下さい。

4)ステロイド点眼液(0.02%フルメトロン、0.1%フルメトロン)

これは、抗アレルギー点眼薬を使用していても、眼のかゆみや充血がひどい時に加えて使います。1日3回、1週間したら、少し休みます。

5)ステロイドまたは抗ヒスタミン薬合剤内服薬(リンデロン、セレスタミン)

起きてしまった症状を、強く抑えるために使用します。ステロイドの副作用を防止するために、短期間のみ使用します。医師の指示どおりに使用してください。通常は、1日1回朝(リンデロン)、1日2回朝夕(セレスタミン)または、頓服として1日2~3回用います。人によってセレスタミンは眠気が出ますので、車の運転はしないで下さい。

6)鼻粘膜血管収縮剤(トラマリゾン点鼻薬0.118%「AFP」)

鼻水が多い時に、1日数回用います。よくなったら中止しても構いません。1)の鼻用スプレーと併用しても結構です。

☆ 1)、2)、3)のお薬は、季節中(2月~4月)は、症状の有無にかかわらず続けて下さい。

このページの先頭に戻る